長井元房と猫

今、人間と犬とのつながりを描いた映画が、話題になっていますが、萩にも動物と人間の愛にまつわる伝説があります。
猫町伝説です。
萩に城下町を築いた毛利輝元の家臣長井元房には、かわいがっていた猫がいました。
元房が輝元の後を追って殉死すると、その猫は、主人の墓の傍を離れようとせず、四十九日の法要の日に主人の後を追って死んでしまいました。
哀れに思った僧が、ひそかに葬るとそれからこの通りを通ると、どこからともなく主人を呼ぶ猫の鳴き声が聞こえてくるようになりました。
それからこの筋を、猫町と呼ぶようになりました。
b0181333_16233320.jpg

長井元房の墓
b0181333_16234913.jpg

毛利輝元夫妻の墓
Fでした
[PR]

by hagimachihaku | 2009-10-23 16:29  

<< 薪割りの風情 萩の城下町が世界遺産になるかも!? >>