明倫小学校上空に・・・

1月28日の正午前、明倫小学校上空に幾つもの白い物体が漂っていました。
b0181333_132033.jpg

正体は、明倫小学校児童の手作り凧の凧揚げでした。デジカメで拡大して見ると昔ながらの和凧ではなくて、ビニールなどを使って簡単に作れて、とても良く揚がるという左右から糸目がとってあるしっぽのない凧でした。
b0181333_13215799.jpg

松と白壁、南門と本館校舎の風景に溶け込んで見とれてしました。
萩市では、見島の鬼ヨウズが有名です。男児の生まれた家の親戚知人が年末に材料を持って集まり、畳6畳から8畳もある鬼の絵を描いた大きな凧を作ります。これを正月にあげ、高く上がれば上がるほど男児は元気に育つと言われています。
Fでしした
[PR]

by hagimachihaku | 2010-01-28 13:27 | まち博の風景  

<< 玉木文之進旧宅の茅葺屋根の葺き... 歴史上の人物と「リンク」できる... >>