カテゴリ:まち博の風景( 26 )

 

明倫小学校上空に・・・

1月28日の正午前、明倫小学校上空に幾つもの白い物体が漂っていました。
b0181333_132033.jpg

正体は、明倫小学校児童の手作り凧の凧揚げでした。デジカメで拡大して見ると昔ながらの和凧ではなくて、ビニールなどを使って簡単に作れて、とても良く揚がるという左右から糸目がとってあるしっぽのない凧でした。
b0181333_13215799.jpg

松と白壁、南門と本館校舎の風景に溶け込んで見とれてしました。
萩市では、見島の鬼ヨウズが有名です。男児の生まれた家の親戚知人が年末に材料を持って集まり、畳6畳から8畳もある鬼の絵を描いた大きな凧を作ります。これを正月にあげ、高く上がれば上がるほど男児は元気に育つと言われています。
Fでしした
[PR]

by hagimachihaku | 2010-01-28 13:27 | まち博の風景  

歴史上の人物と「リンク」できるまち 萩

自分と歴史上の人物が「リンク」する
って、なんだか素敵な言い方だと思いませんか?

この言葉はモデル・女優の杏さんが、AERAの歴史特集の中で使われていたものです。
彼女は「歴女」であることを公言し、2009年の流行語大賞には歴女を代表して登場したほどの歴史好きだそうで、大変うれしいことに、これから行ってみたい先に萩を挙げてくださっていました。
→asahi.com「『歴女』代表の人気モデル杏さん、史跡めぐりの魅力を披露」(1/14)

そんな杏さんをはじめ全国の歴女のみなさんにもおすすめしたい場所をご紹介したいと思います。

b0181333_16591992.jpg萩を訪れる方にとっては基本の「き」である松下村塾はもちろんですが・・・



ここから少し歩いて登った場所にある、吉田松陰誕生地がおすすめの史跡です。

b0181333_16593192.jpg

小高い丘になっているので、萩の市街地=城下町を一望することができます。城下町の向こうには、お城のあった指月山、そして日本海が広がっていて、同じような風景を幕末の志士たちも眺めていたのかな・・・と思うと、なんだか不思議で、まさしく“自分と歴史上の人物が「リンク」する”感覚におちいります。

村田清風が論じ、吉田松陰も影響を受けた「四垰の論」も、この景観をみていると納得が行く気がします・・・


*Aでした*
[PR]

by hagimachihaku | 2010-01-18 13:39 | まち博の風景  

坂がない?萩のまち

昨日の夜、NHKの「熱中時間」という番組で、
『激坂』というのをやってました。

タレントの安田大サーカスの団長が、
東京の50の坂を自転車で上るというものです。

東京は坂の街だそうです。
名前のある坂だけでも500を超えるとのこと。

この番組を見ながら、
「そういえば、萩のまちにはあんまり坂がないな~」
って思いました。
そして、「なぜだろう?」とも思いました。

私の考えは・・・
萩は松本川と橋本川の二つの川が造った三角州のまち。
三角州だから、川が運んできた堆積物が平坦な土地を造ったんだろう???
と、いうものです。

ことの真相は別にして、
萩は実際にあまり坂がありません。

その坂のない萩のまちで、
今週の日曜日(12月13日)に
『萩・城下町マラソン』が行われます。

アップダウンが少なく、フラットなコースは、
全国から集ったランナーに、
「非常に走りやすい」と好評だと聞きます。

高杉晋作や伊藤博文が国事のため走り回っていた萩のまち、
あなたも一度走ってみませんか?
(Y)
[PR]

by hagimachihaku | 2009-12-10 13:34 | まち博の風景  

椿とサザンカ

ちょっと前に笠山にある「椿群生林」の椿の花の開花宣言がありました。

ところで、冬に咲く代表的な花と知られる椿とサザンカの花
みなさんは見分けることができるでしょうか?
私は観光課に行く前は、どちらも同じようにしか見えませんでした。

一番簡単な見分け方は、木から落ちた花を見ることです。

花びらが、はらはらと散っているのは「サザンカ」で、
花ごとポトリと落ちているのが「椿」です。

昔の侍屋敷では、椿の花がポトリと落ちるのは、
首をはねられる斬首を連想させるため、
植えるのを嫌ったという話を聞いたことがあります。

萩の市の花にもなっている「椿」はこれからがシーズン。
笠山椿群生林の見ごろは2月中旬から3月中旬です。

冬の寒風の中に可憐に咲く椿の花をぜひご覧ください。
(Y)
[PR]

by hagimachihaku | 2009-12-07 11:37 | まち博の風景  

旧久保田家住宅がアートスペースに!?

旧久保田家住宅で「現代陶芸薩長連合展」という展覧会が催されています(11/7~29)。

b0181333_9181978.jpg「現代」とつくだけあって、一般にイメージする萩焼や薩摩焼の陶芸作品というより「コンテンポラリーアート」のような作品も多々ありました。


b0181333_9183825.jpgさらに、それらが旧久保田家住宅という伝統的な町屋敷の空間を使って展示されていて、「こんな風に使うのか!」といたるところで感心してしまいました。


b0181333_9242098.jpg着物姿で展覧会を楽しまれている方もいらっしゃって、伝統的なものと新しいアートの組み合わせも演出次第で素敵になるのだなと思いました。


b0181333_9175037.jpg素晴らしい陶芸作品の数々はもちろん、旧久保田家住宅全体もアートのようにいつもと違った顔をみせてくれます。
ぜひ、ご覧下さい。
[PR]

by hagimachihaku | 2009-11-12 17:15 | まち博の風景  

実りの秋と冬の気配

11月に入り、急に寒くなりました。早くも冬の気配ですね。
冬になる前のお楽しみである「実りの秋」を少しもらってきました。
b0181333_1411027.jpg

b0181333_14465345.jpgこれは、口羽家の椎の実です。

堀内の鍵曲に面している口羽家住宅は、立派な長屋門が目印ですが、その奥にあるお庭もいいんです。

口羽家の敷地は、橋本川に面していて、河口近くのゆったりとした流れの河畔の景色を借景として楽しむことができます。

b0181333_14471517.jpg(今日の写真は寒々としていますが・・・)

このお庭の奥にあるのが、樹齢100年以上とも言われている椎の木です。
数年前に聞いたガイドさんのお話によると、飢饉の際の非常食を目的として植えられていたとも考えられるそうです。



いままで、どんぐりと椎の実の違いをよくわかっていませんでしたが、どんぐりのような「帽子」はついてないんですね。
先日やっていたテレビでは、生き物たちが冬を迎えるために秋の実りは欠かせなくて、人間の「食欲の秋」も自然の摂理に沿ったものなのだとか・・・。
フライパンで炒ると食べられるそうなので、家に持ち帰って実践してみようと思います。

*Aでした*
[PR]

by hagimachihaku | 2009-11-02 15:06 | まち博の風景  

萩の城下町が世界遺産になるかも!?

b0181333_1642233.jpg世界遺産暫定リストに記載されている「九州・山口の近代化産業遺産群」について、10月22日、専門家委員会の提言書が発表され、「萩城下町」が新たに構成資産に加わったそうです。

九州・山口の8エリアの中で、萩は「萩の工業化初期の時代の関連資産と徳川時代の文化背景」として位置付けられ、その構成資産として、

b0181333_1644275.jpg・萩反射炉
・恵美須ヶ鼻造船所跡(大板山たたら製鉄遺跡を含む)
・萩城下町(萩城跡、萩城城下町など)

が挙げられました。近代化の先駆者・明治維新の立役者として重要な役割を担った長州藩の背景を示す資産として、「萩城下町」の景観が評価されたようです。
b0181333_1653715.jpg b0181333_165950.jpg


まちじゅうに点在する文化遺産を現地でありのままに展示・保存して、次世代に継承していこうと取り組む萩まちじゅう博物館において、「萩城下町」というのは代表的なテーマの一つです。

国指定史跡として大切に保存されている「萩城跡」や「萩城城下町」はもちろん、その周辺には、萩の城下町のたたずまいを伝えるたくさんの文化遺産が存在しています。

まちじゅう博物館の「発見の小径(トレイルコース)」を参考に、「萩城下町」を改めて歩いてみませんか?

*A*でした
[PR]

by hagimachihaku | 2009-10-22 17:00 | まち博の風景  

2色の夏みかん!?

とうとう10月。季節は秋ですね。

秋の萩は、イベントもたくさん、見どころもたくさんです。

その情報は萩市観光ポータルサイトにおまかせするとして、

こちらでは、ちょっと異色の秋の風景を紹介します。

それは、、、、2色の夏みかん!!
b0181333_17174388.jpg


知っている人にとってはあたりまえのことなのですが、

夏みかんは、初夏に花が咲くとともに、前年からなりはじめた実が熟して食べられるようになります。その実を摘まなければ、前年の実と今年の実が一本の木に結実するという特徴をもっています。つまり、写真の夏みかんは2世代の実が共存しているわけです。
このことから、もともと「夏代々=夏橙(ナツダイダイ)」と呼ばれ、「代々」繁栄するという縁起のよい果物としてお正月飾りに登場したり、学名もcitrus natsudaidai というそうです。

この青い実は、冬に色づきはじめます。


*Aでした*
[PR]

by hagimachihaku | 2009-10-01 11:12 | まち博の風景  

幽玄の世界

お盆の萩の夜に幽玄の世界が広がります。

有名なのが、「萩・万灯会(まんとうえ)」

毛利の殿様の菩提寺・大照院(だいしょういん)と東光寺(とうこうじ)にある数百の石灯籠にろうそくの火が灯ります。

迎え火の大照院が13日、送り火の東光寺が15日です。

そして、金谷天満宮でも昨夜(13日)、
「金谷天満宮 幽玄の世界」が開催されました。

境内にある64基の石灯籠に火が灯りました。
b0181333_9193587.jpg


金谷天満宮に伝わる「お宝」の数々が特別公開されました。
b0181333_92019.jpg
b0181333_9202625.jpg
b0181333_9204284.jpg
b0181333_9205998.jpg


金谷天満宮は、
文治2年(1186)に長門国の初代守護であった佐々木高綱が、
大宰府天満宮を現在地よりやや東方の奥金谷に勧請したといわれ、
5代藩主毛利吉元の時、享保5年(1720)現在地に遷座されました。

金谷神社の秋の祭礼(11月)では備え行列(大名行列)が行われます。
享保5年、5代藩主吉元が社殿を修理した際、
秋の祭礼日に備え行列を奉納するよう
平安古(ひやこ)、河添(こうぞえ)、古萩(ふるはぎ)、堺町(さかいまち)の各町内に命じたのが起源です。
吉元はこの時、行列のために手回り調度品、武具、衣装などを下げ渡しました。

現在も11月の第2日曜日には、
平安古と古萩の二地区のみなさんが備え行列(大名行列)を奉納されています。

Kでした
[PR]

by hagimachihaku | 2009-08-14 09:33 | まち博の風景  

旧久保田家住宅 祭りの日にしかみられない風景

b0181333_1713620.jpg


格子をとりはらうと清清しいほどの開放感です!


いよいよ、御船謡の奉納です。

b0181333_17143676.jpg

[PR]

by hagimachihaku | 2009-08-04 17:15 | まち博の風景