村田清風と撫育金

明日の土曜日(12月5日)、(社)萩文化財保護協会の主催で、
『村田清風を学ぶ会』が開催されます。

30名の募集で、50名を越える方から応募がありました。

村田清風は、維新前の幕末に活躍した萩藩の重臣で、
「天保の改革」を行った中心人物として知られています。

清風の行った「天保の改革」は、
質素倹約による財政改革、
明倫館の移転などの教育改革、
羽賀の台の大演習などの軍事改革など・・・
多岐にわたった大改革でした。

その中でも、私が注目するのは、
「撫育金(ぶいくきん)の創設」です。

清風は、奥州や北陸から日本海を通って、
大阪や江戸に産物を運ぶ回船に目をつけました。
その中継基地である下関に、「越荷方(こしにがた)」という役所をつくり、
荷物を陸揚げさせ倉庫料を取ったり、
その荷を預かって金を貸し、その利息を稼がせました。

その収入を「撫育金」として、
藩の非常の場合のみに使う基金にしたのです。

萩藩は、この「撫育金」で、
軍艦3隻と最新式の鉄砲7千丁を買い入れて、
徳川幕府を倒し、新しい明治政府をつくりました。
また、その新政府のために、80万両も寄付できたといいます。

明治維新は、清風の「撫育金」により成しえたともいえます。
(Y)
[PR]

by hagimachihaku | 2009-12-04 11:10 | まち博の物語  

<< 古地図でめぐる!維新発祥の地~萩市 萩と大相撲 >>